Labo

labo

Laboratory of Molecular Biosystems

生命の不思議を化学する

 皆さん自身を含めた生き物のからだは、およそ60兆個の細胞からできています。卵と精子が出会って受精し、新たな命が芽生えます。その後細胞は分裂し、特徴を持った細胞に分化し、細胞同士が正しく接着して組織を作り、ダイナミックにからだの形作りが行われます。生後も体は成長を続け、皮膚などに傷を受けると細胞分裂と分化がさかんに起こり、ほぼ元通りに修復・再生されます。

 このように不思議な生き物の形作りのしくみの元となる設計図は、細胞内の核にある染色体中のゲノムDNAに描かれています。設計図は同じですが、細胞毎に個性があるのは、それぞれの細胞を構成する分子の発現(RNA, タンパク質, 脂質, 糖鎖など)が少しずつ異なっているからです。

 本研究室では、細胞から分子へ、細胞から個体へ、そしていきものと環境との関わりについて、化学の視点で研究しています。そして創薬やがん転移防止・再生医療など、最先端技術の開発をめざしています。

Research Interest:
Role of Cell Adhesion Molecules in Development, Regeneration & Disease

Multicellular organisms including human beings need cell adhesion, communication and differentiation for their existence. The role of individual cells in the cellular society varies during development or regeneration. Cell adhesion also shows dynamic changes in these processes. In some diseases, disorder is caused by the disturbance of networks in the cell society resulting from the abnormal cell adhesion and communication. New molecular findings as well as evolutional insight will be important to understand the mechanism of cell adhesion (proteins and glycoconjugates). From a viewpoint of cell sociology, we investigate various biological phenomena and diseases.

Research Project:
  1. Cell Adhesion Molecules in Stem Cell Differentiation and Cancer Metastasis
  2. 4D-Tissue Engineering
  3. Stem Cells and Environmental Factors
  4. Development and Differentiation of Germline Stem Cells