topics&event

2019年3月25-27日
第63回日本応用動物昆虫学会大会(つくば)において、生産実習に派遣した3年生の大木碩仁くんが発表を行います。「アザミウマ4種の波長選好性における多様性」
2019年3月22日(金)
第18回日本再生医療学会総会(神戸)にて発表を行います。「脱分化脂肪幹細胞からの骨格筋誘導」
2019年3月16日(土)
文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「脱分化脂肪細胞を用いた細胞治療の臨床応用に向けた橋渡し研究」平成30年度 研究成果公開シンポジウムが開催されます。
2019年2月27日(水)
13:00-17:00
平成30年度 生産工学研究所リサーチ・グループRG支援事業 シンポジウム「バイオ学際研究による生産工学イノベーション」を開催しました。
ポスター
プログラム
集合写真
2019年2月25日(月)
日本実験動物協会 教育セミナーフォーラム2019に参加しました。
2019年1月
国際化学技術者コース卒業生の加藤佐和子さんのED卒研の論文が、日本海水学会誌 第73巻 第1号(2019)に掲載されました。
Sawako KATOH, Yoshinari WADA, Mitsunori KATAYAMA, Chikako NORO, Kazuaki YOSHIMUNE, Toshihiko HIAKI and Masakazu MATSUMOTO. Promotion of Cyanobacteria Growth Induced by Fine Bubble Injection. Bull. Soc. Sea Water Sci., Jpn., 73, 30—34(2019)
2019年1月
第9回日中韓女性科学技術指導者フォーラム 準備委員会発足しました。2019年10月東京開催予定
2018年12月
NPO法人 女子中高生理系キャリアパスプロジェクト 発足 理事になりました。
2018年12月1日(土)
生産工学部学術講演会においてM1の清水颯太くんと福岡正也くんが口頭発表を行いました。清水くんはポスター賞を受賞しました。
2018年11月
文理学部柴崎くんの論文が掲載されました。
Shibasaki Y, Yoshida- Noro C, Saito M. A Size-Dependent Multiple-Loop Negative Feedback System Describes Biological Segment Formation Based on the Clock and Wavefront Mechanism. Biophysical Reviews and Letters Vol. 13, No. 4 (2018) 217–228
2018年11月
研究室旅行で軽井沢研修所に行きました。
2018年10月
APNN-INWES ハノイ に参加しました。
2018年9月
日本生物物理学会第56回大会にて文理学部柴崎雄介くんが発表を行いました。
Yusuke Shibasaki, Chikako Yoshida-Noro, Minoru Saito (2018) Mathematical Modeling for Morphallactic Segment Formation Using a Size-Dependent Multi-Loop Negative Feedback System.
2018年9月
日本動物学会第89回札幌大会 地震のため中止
野呂知加子 関口陽公 (2018) 「ヤマトヒメミミズの再生初期に発現する遺伝子grimpの機能解析」
2018年9月
5th TERMIS World Congress-2018 京都において、野呂および M1の清水颯太くんが発表を行いました。
Yoshida-Noro C, Yamazaki H, Inoue K, Shimizu S, Kazama T, Matsumoto T (2018) Skeletal Muscle Induction from Dedifferentiated Fat (DFAT) Cells.
Shimizu S, Matsumoto T, Akita D, Yoshida-Noro C (2018) Development of Carriers for Mesenchymal Stem Cell (MSC) Therapy.
2018年9月
英国ポーツマス大学Darek Gorecki教授が薬学部の招聘で来日しました。Darekは25年来の友人で2015年の英国短期派遣の際にもお世話になりました。21日には生産工学部にて特別講義。
2018年8月9-11日
国立女性教育会館にて女子中高生夏の学校が開催され、実行委員として参加しました。
2018年6月5-8日
Tokyo 2018 Cell and Developmental Biology Meeting (Joint Meeting of JSCB 70th & JSDB 51st) において、口頭発表を行いました。
Yoshida-Noro C, Shibasaki Y, Saito M. (2018) Mathematical modeling of morphallactic regeneration in Enchytraeus japonensis: A new model for segment formation and its possible molecular mechanisms
2018年5月
国家資格キャリアコンサルタント試験に合格し、登録しました。米国CCE, Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格も昨年12月に取得し、登録しました。
2018年4月
卒業研究生が9名配属され、修士1年生2名と合わせて11名のメンバーになりました。
2018年3月26-27日
笹川平和財団 シンポジウム&ワークショップ「研究力強化に向けたジェンダー平等促進」アドバイザーとして企画参加しました。
2018年3月25日(日)
日本物理学会第73回年次大会において、文理学部柴崎雄介くんが発表しました。
Shibasaki Y, Yoshida-Noro C, Saito M. (2018) A Size-Dependent Negative Feedback Loop Model for Morphallactic Regeneration.
2018年3月25日(日)
平成29年度学位記伝達式が行われ、野呂研究室から2名の修士、10名の学士が巣立ちました。
2018年3月17日(土)
日本大学学長特別研究「成熟細胞脱分化による組織再生メカニズムの解明と脱分化培養技術を用いた細胞治療研究」平成29年度 最終報告会にて、講演「DFATによる細胞移植治療のためのキャリアの開発」を行いました。
2018年3月10日(土)
国際化学技術者コース4年の加藤佐和子さんが、日本海水学会若手会第9回学生研究発表会にて優秀賞を受賞しました。「ファインバブルを用いたシアノバクテリアの増殖促進法の開発」
2018年2月20日(火)
13:00-17:00
平成29年度 生産工学研究所リサーチ・グループ支援事業「バイオ学際研究による生産工学イノベーション」研究交流会を開催しました。
2017年12月20日(水)
13時より
放医研にてダイバーシティCHIBA研究環境推進コンソーシアムが開催され、パネリストとして参加します。
2017年12月19日(火)
15時より
CITガールズプロジェクト・イベント「Science, Art & Music」を開催します。    
2017年12月12日(火)
18時より
生産工学部キャリアカフェを開催します。
 
2017年12月6日(水)
日本大学学部連携研究推進シンポジウムで作成したロールモデル集「日本大学のキャリアモデルたち2017」PDF版をアップしました。ダウンロードできます。
2017年12月2日(土)
生産工学部学術講演会においてM2の関口陽公くんと山崎春香さんが口頭発表を行いました。
2017年11月10日(金)
日本大学学部連携シンポジウム「次世代女性研究者のためのキャリアウェイ整備~日本大学女性研究者交流シンポジウム」に採択され、生産工学部にて開催しました。
2017年11月9日(木)
生産工学部男女共同参画講演会を開催しました。
2017年11月5日(日)
生産工学部桜泉祭 応用分子化学科オープンラボにおいて、小学生 中学生 高校生 一般に「アロマキャンドルをつくろう」体験学習が好評でした (120名以上体験)。
2017年10月21日(土)
平成29年度ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI「からだを再生してふえるヤマトヒメミミズの不思議」を開催しました。
2017年10月7日(土)
第8回中日韓女性科学技術指導者フォーラム(上海)に団長として参加しました。
2017年10月
これまでの男女共同参画関連の業績をまとめました
2017年4月8日
The 2017 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Awardを受賞しました。
2017年10月
平成29年度ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI に採択されました。
プログラム名「からだを再生してふえるヤマトヒメミミズの不思議」
申込み受付中!!
2017年9月21-23日
動物学会富山大会に参加、大学院生の関口陽公くんがポスター発表しました。タイトルは「再生能力の高いモデル動物ヤマトヒメミミズに発現する遺伝子grimp の機能解析」 多くの質問をいただきました。
2017年9月6-7日
研究室旅行で軽井沢研修所に行きました。
2017年8月5-7日
国立女性教育会館にて女子中高生夏の学校が開催され、企画委員として参加しました。
2017年8月2日(水)
生産工学部で開催された千葉県総合教育センター 平成29年度社会にいきる科学技術研修(化学コース)に講師として参加、遺伝子工学に関する実習を行いました。
2017年7月16日(日)
オープンキャンパスIが開催され、女子高校生のためのオープンキャンパスコーナーで体験学習「あなたのDNAをペンダントに」を実施しました。
2017年7月15日(土)
APNN&GWST会議に出席し、CITガールズプロジェクトのポスター展示をしました。2名の女子大学院生が参加しました。
2017年6月25日(日)
生産工学部女子中高生のためのキャンパスカフェを開催しました。「アロマキャンドルをつくろう」体験学習などを実施しました。
申込み受付中!
2017年6月
平成28年度 生産工学部 教育貢献賞を受賞しました。
2017年6月24日(土)13時 平成29年度FD・SD研修会において受賞講演「理工系女子学生のキャリア教育とリーダーシップ育成~次世代女性研究者のためのキャリアウェイ整備~」を行いました。
2017年5月25日
Gender Summit 10 (JST主催)に参加。WG1委員として、Parallel Session 2 Promotion of Gender Equality by Improving Access and Use of Researcher Database, 2-2. Analyzing Gender-related Databaseで司会を務めました
Gender Summit 10
2017年4月
平成29年度科学研究費基盤研究Cに採択されました。課題名「ヤマトヒメミミズとミサカヒメミミズの比較による再生・生殖分子機構の解明」
2017年4月
卒業研究生が10名配属され、修士2年生2名と合わせて12名のメンバーになりました。
2017年4月9日
岡田節人先生を偲ぶ会が開催されました。
2017年3月27日
ダイバーシティCHIBA研究環境促進コンソーシアム合同研究発表会にて、発表「幹細胞再生移植治療のための細胞キャリアの検討」を行いました。
2017年3月18日
日本大学学長特別研究「成熟細胞脱分化による組織再生メカニズムの解明と脱分化培養技術を用いた細胞治療研究」平成28年度 研究成果報告会にて、講演「DFAT細胞再生移植治療のための細胞キャリアの検討」を行いました。
2017年3月11日
文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「脱分化脂肪細胞を用いた細胞治療の臨床応用に向けた橋渡し研究」平成28年度 研究成果公開シンポジウムにて、M2の三浦大輝くんが講演「DFAT細胞による移植治療のための細胞キャリアの開発」を行いました。
2017年3月8日
第16回日本再生医療学会総会(仙台国際センター)においてポスター発表「幹細胞再生移植治療のための細胞キャリアの検討」を行いました。
2017年2月20日
10:00-12:00
平成28年度男女共同参画意識改革講演会「ダイバーシティCHIBA研究環境促進コンソーシアム 」を開催しました。
2017年2月20日
13:00-17:00
平成28年度 生産工学研究所リサーチ・グループ支援事業 シンポジウム「バイオ学際研究による生産工学イノベーション」を開催しました。
お知らせ(日本大学生産工学部HP)
2017年1月17日
京都大学大学院時代の恩師(ボス)岡田節人先生がご逝去されました。大変お世話になりました。心よりご冥福をお祈り致します。
2016年12月
卒業生の荻野拓海くん(筑波大学大学院/農研機構)の研究 「光で天敵を集め、害虫を減らす技術を開発 -化学農薬が効かないアザミウマの防除に期待!!-」 が、農水省2016年 農林水産研究成果10大トピックスに選定されました。
「2016年農林水産研究成果10大トピックス」の選定について
2017年1月31日 SATテクノロジーショーケースで学生奨励賞を受賞
Scientific Report Sep. 2016に掲載
野呂研在籍中の論文
2016年12月
実験動物技術者2級および愛玩動物飼養管理士1級試験に合格しました。
2016年12月3日
生産工学部学術講演会においてM2の佐野由樹くんと三浦大輝くんが口頭発表を行い、M1の関口くんと山崎春香さんがポスター発表を行いました。野呂は口演発表「バイオ学際研究による生産工学イノベーション~リサーチ・グループの構想と進捗状況」を行いました。
2016年11月30日-12月2日
第39回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜)においてM2の佐野由樹くんと三浦大輝くんがポスター発表を行いました。
2016年11月15日-18日
国際動物学会にて講演(招待)を行いました。"Reproductive Strategy ~Asexual vs. Sexual~; Enchytraeus japonensis" The 22nd International Congress of Zoology, Nov15-18, 2016, Okinawa Institute of Science and Technology, Okinawa, Japan.
2016年11月
生産工学部が、「ダイバーシティCHIBA研究環境促進コンソーシアム」に参加することになりました。
2016年11月6日
生産工学部桜泉祭 応用分子化学科オープンラボにおいて、小学生 中学生 高校生 一般に「アロマキャンドルをつくろう」体験学習が好評でした(160名以上体験)。
2016年10月28日
名古屋工業大学女性研究者研究活動支援事業(一般型)外部評価委員会に出席しました。
2016年10月8日
第14回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム メインシンポジウムにて講演(招待)「日本と世界の研究者・技術者―これまでの支援策と女性比率―韓国の状況」を行いました。 お茶の水女子大学 東京
2016年9月27日
豊山女子中学校3年生145名が来訪、「アロマキャンドルをつくろう」体験学習が好評でした。
2016年9月9日
韓国ソウル大学の男女共同参画シンポジウムで招待講演を行いました。
"Recent activity in Japan for gender equality in university and next-generation invitation to STEM” SNU Diversity Forum, Seoul National University, Seoul, Korea Sep.9 2016
2016年9月8日
韓国女性科学技術者協会 ジェンダーイノベーションセンター設立シンポジウムで招待講演を行いました。 "Diversity in STEM: Recent Situation in Japan" Symposium of Gendered Innovations in Science and Technology Research (GISTeR), KOFWST, Seoul, Korea, Sep.8 2016
2016年8月6-7日
女子中高生夏の学校(国立女性教育会館)に企画委員として参加しました。
2016年8月6-7日
生産工学部オープンキャンパスにおいて、女子高校生のためのオープンキャンパスイベントを行いました。
2016年7月17日
生産工学部オープンキャンパスにおいて、女子高校生のためのオープンキャンパスイベントを行いました。
2016年6月12日
生産工学部女子中高生のためのキャンパスカフェを開催しました。「アロマキャンドルをつくろう」体験学習が好評でした。
2016年5月31日
Gender Summit 10 WG1 Development of Researchers' Information Resources for Gender Equality第1回会合に委員として参加しました。
2016年4月
平成28年度生産工学研究所リサーチ・グループ支援事業「バイオ学際研究による生産工学イノベーション」に採択されました(平成30年度まで継続予定)
2016年4月
新しく10名の卒業研究生と2名の修士1年生が配属され、M2の2人と合わせて研究室メンバーが14名になりました。
2016年3月27日-29日
韓国の国際学会KHUPO2016 16th Annual International Proteomics Conferenceに参加しました。
2016年3月26日
日本大学学長特別研究「成熟細胞脱分化による組織再生メカニズムの解明と脱分化培養技術を用いた細胞治療研究」平成27年度 研究成果報告会において、講演「幹細胞移植治療のための細胞キャリアの開発」を行いました。
2016年3月25日
平成27年度学位記伝達式が行われ、野呂研究室から1名の修士、10名の学士が巣立ちました。
2016年3月5日
文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「脱分化脂肪細胞を用いた細胞治療の臨床応用に向けた橋渡し研究」平成27年度 研究成果公開シンポジウムにおいて、講演「幹細胞移植治療のための細胞キャリアの開発」を行いました。
2016年2月29日-3月1日
日本実験動物学会第6回実験動物管理責任者研修会に参加し、修了しました。
2016年2月22日
東京医科大学女性研究者支援事業外部評価委員会に委員として参加しました。
2016年2月5日
平成27年度卒業研究発表会において、B4安藤裕さんが優秀発表賞を受賞しました。
2016年2月5日
テクニカルショウ横浜2016 産学連携ワークショップにおいて、招待講演「細胞再生移植治療用細胞デリバリービークルの開発」を行いました。
2016年2月3日
B4山崎春香さん(産総研で外研)の論文 ”Short-term feeding at the wrong time is sufficient to desynchronize peripheral clocks and induce obesity with hyperphagia, physical inactivity and metabolic disorders in mice” がMETABOLISM誌に受理されました。
2016年1月29日
生産工学部キャリアカフェを実施し、100名近くのご参加をいただきました。
2016年1月27日
日本大学学部連携研究推進シンポジウム「第9回日本大学先端バイオフォーラム」において、ポスター発表「肝臓特異的GM2発現抑制を示すWHT/Ht系統マウスのゲノム・エピゲノム解析」を行いました。
2016年1月27日
日本大学学部連携研究推進シンポジウム「第9回日本大学先端バイオフォーラム」において、M1の佐野由樹くんと三浦大輝くんがポスター発表を行いました。
2015年12月5日
生産工学部学術講演会においてM2の山下翔平くんが口頭発表を行い、優秀発表賞を受賞しました。M1の佐野くんと三浦くんがポスター発表を行いました。
2015年12月3日
BMB2015において、M2の山下翔平くんが発表しました。
2015年12月1日
World Engineering Conference and Convention 2015 (Kyoto)に参加、発表しました。Proceedings にも掲載されました。
2015年11月26日
生産工学部男女共同参画意識改革講演会を実施し、100名以上のご参加をいただきました。
2015年10月28日
名古屋工業大学 女性研究者研究活動支援事業(一般型)中間報告シンポジウムにおいて招待講演「工学系女子学生をふやし女性エンジニアを育てよう!~日本大学のキャリアウェイモデル~」を行いました。
2015年10月17日
男女共同参画学協会連絡会シンポジウムに参加し、懇親会の司会を担当しました。
2015年10月3日
日本大学短期海外派遣Aで英国(ポーツマス大学)より帰国しました。
2015年9月8-10日
The Tissue Engineering Congress 2015 (London) に参加、発表しました。
2015年8月25-28日
第7回日中韓女性科学技術指導者フォーラム(セッション座長)およびGender Summit 6 Asia Pacificに参加しました。
2015年7月14日
日本大学短期海外派遣Aで英国(ポーツマス大学)に向けて出発しました。
2015年6月14日
生産工学部「女子中高生のためのキャンパスカフェ」を開催しました。
2015年6月6-7日
野呂研究室旅行に行き、バーベキューやそば打ちを楽しみました。(筑波ふれあいの里)
2015年5月31日
(社)日本女性科学者の会(SJWS)理事になりました。
2015年4月17日
日本応用動物昆虫学会誌に論文「ナミヒメハナカメムシOrius sauteri の波長選好性」が掲載されました。
2015年4月3日
生産工学部学生ものつくりプロジェクト
CITガールズプロジェクトがスタートしました。
2015年3月26-28日
第59回日本応用動物昆虫学会大会において、4年生の荻野拓海くんがポスター賞「ナミヒメハナカメムシの波長選好性」を受賞しました。
2015年3月20日
第14回日本再生医療学会総会(横浜)でM1の山下翔平くんが発表「細胞外マトリックスの未分化幹細胞維持に対する効果」しました。
2015年1月13日
日本大学学部連携研究推進シンポジウム「第3回日本大学幹細胞研究フォーラム」でシンポジウム講演「間葉系幹細胞による細胞治療のための細胞移植カプセル開発」を行いました。
日本大学幹細胞フォーラム
2015年1月
愛玩動物飼養管理士2級を取得しました。
2014年12月
日本大学生産工学部研究報告A第47巻2号に論文(研究ノート)「ヤマトヒメミミズ幹細胞システムを活用した環境重金属バイオセンサー開発」が掲載されました。
2014年12月12日
生産工学部キャリアカフェ2014を開催しました。
2014年11月26日
第37回日本分子生物学会年会(横浜)にて、M2の森和俊くんがポスター発表「アフリカツメガエルL-セレクチンの構造と発現」しました。
2014年11月15日
J-Win W-STEM Networiking Conference 2014 「一緒に語ろうリケジョの未来」に参加 ポスター発表しました。
2014年11月2-5日
ISDBSDB2014 Londonに参加、発表 “Pyrrole-imidazole polyamides targeted to the E-cadherin promoter induce epithelial-mesenchymal transition in human hepatoma cells” しました。
2014年10月17日
第87回日本生化学会大会(京都)に参加、講演「肝臓特異的GM2発現抑制を示すWHT/Ht系統マウスのゲノム解析」しました。
2014年10月1日
韓国 KOFWSTにて 招待講演を行いました。
2014年9月30日
韓国WISETにて招待講演を行いました。
2014年9月20日
日独国際シンポジウムを開催しました。(日本大学会館)
日本大学理事長特別研究平成24・25年度採択プロジェクト「キャリアウェイ理系女子学生のキャリア教育と活躍促進のための環境整備に関する研究」 ドイツ研究振興協会(DFG)との共催
2014年9月26日
豊山女子中学が生産工学部に来訪し、体験実験を行いました。
2014年9月1-2日
研究室旅行で軽井沢研修所に行きました。
2014年8月17日
第6回日中韓女性科学技術指導者フォーラム (内モンゴル 中国)に参加、セッションの議長を務めました。
2014年7月31日
平成26年度千葉県 社会に活きる科学技術研修の講師「遺伝子工学の基礎〜DNAの酵素による操作」を務めました。
2014年7月
Asia-Pacific Women in Leadership (APWiL) Workshop 2014に参加しました。
2014年6月
都市有害生物管理学会第35回大会にて特別講演「野生マウスの分類と分子的特性」を行いました。
2014年6月
生産工学部「女子中高生のためのキャンパスカフェ」を開催しました。
2014年5月28日
第63回高分子学会年次大会併設第7回高分子学会男女共同参画セミナーにて招待講演を行いました。
2014年5月29日
日本発生生物学会第47回大会(名古屋)にて講演 "Molecular analysis of grimp, a gene involved in early regeneration of Enchytraeus japonensis (Enchytraeidae, Oligochaete)" しました。
2014年3月17日
平成24~25年度 日本大学理事長特別研究「キャリアウェイ~理系女子学生のキャリア教育と活躍促進のための環境整備に関する研究」(平成24~25年度報告書)を掲載しました。
2014年3月17日
第5回日中韓女性科学技術指導者フォーラム報告書を掲載しました。
2014年3月7日
第3回 平成24~25年度日本大学理事長特別研究
「キャリアウェイ~理系女子学生のキャリア教育と活躍促進のための環境整備に関する研究」シンポジウムを開催しました。(日本大学会館)
2014年3月5日
第13回日本再生医療学会 (京都)に出席して発表「細胞接着基質特性とES細胞分化」しました。
2014年3月3日
JST男女共同参画アドバイザリー委員会に委員として出席、JISTEC
女性研究者の採用・処遇に関する国際調査報告を行いました。
2014年1月28日
基礎生物学研究所「生存戦略としての幹細胞形成と再生能力」研究会にて講演「ヤマトヒメミミズの幹細胞システム—無性生殖と有性生殖—」を行いました。
2013年12月16日
2013年12月16日発行 AERAに掲載されました
2013年12月3-5日
日本分子生物学会(神戸)に参加。
M2の島崎貴大くんが発表「血管組織形成を促進または抑制する分子の解析」しました。
2013年12月3-5日
日本分子生物学会(神戸)に参加。
M2の守矢くんが発表「RNAiによる昆虫の行動制御機構の解明 -走光性の波長選好性はどのように決まるのか-」しました。
2013年11月13-15日
第5回日中韓女性科学技術指導者フォーラムが開催されました。
当日配布資料
2013年8月14日
平成25年8月14日発行 日刊工業新聞へ寄稿文が掲載されました。
2013年5月31日
桜門春秋 2013 No.128号 平成25年5月発行にインタビュー記事が掲載されました。
2013年5月30日
correspondeing authorである論文 "Stem Cells in Asexual Reproduction of Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Annelid) : Proliferation and Migration of Neoblasts" が、Development, Growth&Differentiation誌のDGD Paper Awardを受賞しました。
http://www.nihon-u.ac.jp/research/project/chairman_grant/news/130530_01.html
http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1111/(ISSN)1440-169X/homepage/dgd_paper_awards.htm
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1440-169X.2012.01328.x/abstract
2013年4月20日
「平成25年4月20日発行 第1313号日本大学新聞 日大なでしこ」 に紹介記事が掲載されました。
2013年4月
平成25年度 科学研究費 基盤研究(C)に採択されました。
研究課題名「ヤマトヒメミミズ再生幹細胞に発現する遺伝子grimpのタンパク質機能解析」